使える物でも捨てる勇気を出す

いらないけどまだ使えるというものは処分するのに非常に勇気がいります。
しかし使えるからといって使っていないものをずっと部屋においていたら、部屋に物が溢れてしまうのは誰でも想像がつく事でしょう。

もしそのいらないものがまだ使えるというのなら、ただ捨てるのではなく、リサイクルショップや不用品回収業者に引き取ってもらうという選択もあります。
これらの多くはただ引き取るだけでなく、買取りとして扱ってくれる場合が殆どですので、ちょっとした臨時収入にもなるのがポイントです。

リサイクルショップでしたらその買い取ったものを必要な人に販売しますし、不用品回収業者でもリサイクルショップを運営していたり、また海外へ輸出して必要としている人の手に渡る事が多いです。

「捨てる・処分する」ではなく、「必要な人に引き渡す」と考えるようにすれば、少し処分にも勇気が出る事でしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る