片付けと自信の関係

片付けが苦手な方の相談を受けると必ずと言っても良いほど聞く言葉が、「自信を持ちたい」という言葉です。
なぜ「自信」という言葉が片付けの話で出てくるのかというと、そう感じている方は「自分は片付けも出来ないのか…」と自己嫌悪に陥ってしまっている為です。
さらにこう感じている方は、自分でテレビや本を見て知識を入れているのに出来ないので、余計自分に自信が持てなくなってしまっています。

テレビや本で片付けを指南している方の殆どは元々片付けが出来る、そして上手な方です。
一方片付けが出来ない方は、まずは「出来る」にしなければならないので、出来る人が上手に片付けられるようになるのとはまた違うことになります。

片付けは自分で一旦ゴールを決めて、こうでもないああでもないと試行錯誤していくことが最も大切です。
そうすると最初は片付けが出来なくて悩んでいた方も、徐々に自分に合ったコツが分かってきます。
少しでもコツさえ分かってくれば「自分でも出来るんだ」という自信に繋がり、その後の片付けも、徐々に出来るから上手にランクアップしていくのです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る