家庭で出たゴミ、どうなるの?

自治体によってゴミの出る量は多少異なっていますが、毎日一人の人間が数100グラムものゴミを出していますので、家庭内で毎日出るゴミを、正しく分別を行うことで資源として活用したり、ゴミ自体を減らすことに繋げましょう。

ゴミは、種類ごとに処理施設へと運ばれ、可燃ゴミは焼却施設、資源になるゴミは処理施設、埋め立てられるゴミは最終処分場へと運ばれます。

家庭で出るゴミは、自治体によって分別の方法は様々ですが、可燃ゴミはゴミ集積場から焼却施設へと運ばれて焼却され、資源になるゴミは種類ごとに分別された後、それぞれリサイクル業者へと販売され再利用されるのです。

例えば、天ぷらなどを料理した後に出た廃油はバイオ燃料として生まれ変わり、車の燃料として再利用されるのだそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る