モノの処分の考え方

不要な物でも思い出のあるものや前はよく使っていたモノ等は愛着が湧いてしまって中々捨てる勇気が出ない事が多いでしょう。しかし、そのまま置いていても結局は使わないので、いつかは処分しなければならないのです。

どうやって処分するかというと、どうしてもモノを捨てるのに気が引けるようだったら誰かにあげるか、売って処分するようにしてみましょう。
モノを捨てたら、もう誰にも使われないことが決まってしまいますが、誰か別の人の手に渡るのだったら、今度はその人が大切に使ってくれることが分かっていますから、後ろ髪を引かれる事なく処分する事ができますよ。

どうしても思い出深いものなら処分する前に写真を撮り、処分するモノを写真に思い出として残すようにするということもいいそうです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る